春の渡り(キトウシ森のキロク / 2022年3月23日)

2022年3月23日

こんにちは。

今日のキトウシでは上空をハクチョウ類が通過しました。
中継地を経由しながら、繁殖地であるロシア・シベリアへ渡っていきます。
道中気を付けて、いってらっしゃい!

本州での研究ですが、2月の降雪量が少ないほど渡りが早く進むそうです。
また、ハクチョウ類では繁殖地に早く到着できるほど好適な場所の確保ができて、繁殖成功率を高められるんだとか!
今年は雪が少ないように思えますが、どうでしょう?

サトウカエデの木には、ツグミやシマエナガがいました。
ツグミも日本では冬鳥で、春に群れで北へ渡っていきます。
日本で越冬していた鳥たちが、また北の地域で合流していたら面白いですね。

ツグミ
雪の上に・・・サクラ!?
東川町では、サクラが咲くのはゴールデンウィークあたりのはず。

今日は、キトウシの森の中にある幼稚園「キトウシこどもの森 キトキト」で卒園式がありました。
室内でサクラの枝を水差しして、一足先に開花させました。

おめでとうございます!

ゴジュウカラとコゲラもいました。
森の中から、キツツキのドラミングの音が響いていました。
クマゲラかオオアカゲラでしょうか?姿は見えず・・・

ゴジュウカラ
コゲラ