大雪山自然学校は、森のことを知って、森に親しんで、いい森をつくる仲間を増やしていきたいと考えています。そこで、定期的に森に集う機会をつくることにしました。森をつくろうということで「森つく」。
 2回目の今回は、樹液の採取に挑戦します。樹液をとることができるのは、この季節だけ。一体どのように樹液をとるのでしょうか?

前回の様子。抱っこの赤ちゃんから大人までたくさんの方が参加くださいました

森つく 
第2回「森で樹液をとってみよう!」 
●日時:3月21日(日)10:00~12:00位 
●場所:大雪山自然学校前集合
●対象:どなたでも(未就学児・小学生は保護者とご参加ください)
●参加費:無料
●申し込み:不要 当日集合場所に直接お越しください。
●スケジュール
 10:00  集合 森を散策&樹液採取
 12:00  解散
     たき火チャレンジコーナー(自由参加)
●服装:雪遊びができる服装
    スノーウェア、手袋、帽子、スノーブーツ等(長靴)防寒着
    車の中に替えの靴下
●持ち物:水筒(温かいお茶がおすすめ)、マスク、防寒着(フリース・ダウンジャケット等)、タオル、チリ紙、ビニール袋、ゴーグルかサングラス(必要な人は)

火をつけるところから消すところまで体験してみよう!

★たき火チャレンジコーナーについて
たき火台と薪を用意していますので、やってみたい方は火をつけたり、薪を割ってみたりすることができます。(後片付けまで含めて体験してみてくださいね!)たき火で焼きたいものがあれば、ぜひ持参してください。マシュマロ、ウインナー、せんべい、ようかん、餅、パンなどがおすすめです。