今朝は、霜が降りて地面が真っ白になりました。寒いですが、いつもと違う風景にワクワクします。朝のうちに森に行ってみると、コゲラやカラの群れが、こずえの高い場所でコツコツとエサを探していました。

 ミズナラの木は、落葉が遅め。カエデやシナノキなどの葉が散ってしまったあとも、黄緑~濃いめの橙色の葉が残っています。今朝は霜で縁取られ、クリスマスリースの葉のようになっていました。葉についた霜は、太陽が高くなって日差しが当たるとキラキラとひかり、あっという間に解けていきます。
 防寒着や暖かい帽子・手袋などの準備をして、晩秋の森歩きもおすすめです。

キトウシ山近くの道路から

晴れた日は、冠雪した大雪山が青空に映え、冬もすぐそこです。