日本で一番早く紅葉する旭岳では、例年よりも早く紅葉が進んでいる気がします。
既に紅葉のピークが近いのではないでしょうか。
徐々に下がる紅葉前線、ロープウェイからの眺めもオススメですよ。
キトウシにはいつ頃やってくるでしょうか・・・

振興公社近くのナナカマド

今日は、キトウシの「ジャブジャブ池」に行ってみました。
池の近くの木の上に何かいます。
「誰でしょう?」

正解は「アオサギ」です

東川町でも、餌を求めて水田にいるのをよく見かけます。
また、繁殖期には東川神社の高い木のてっぺん付近に営巣しているつがいを毎年何羽か見かけます。

日本に生息するアオサギは、高い木の上で営巣することが多かったそうですが、
最近では、水面であったり、ヨシ原、鉄塔などの人工物で営巣するアオサギが増えているようです。
本来の営巣場所がどんどん減ってきてしまっているようです。

個人的な感性ですが、野鳥が電線や電柱にとまっている姿は、今ではごく当たり前の光景になっていますが、見ていてあまり気持ちの良いものではなく・・・
やはり本来居るべき場所にいて欲しいですし、その場所がなくならないようにしていきたいですね。

お次はこの方。
「誰でしょう?」

正解は「エゾリス」です

旭岳・姿見の池園地に生息しているエゾシマリスは、冬眠するための準備で毎日忙しなく動いています。

エゾリスは、冬眠しませんが、今回出会った子も忙しなくあっちこっち走りまわっていました。