今回は留学生の雪あそびプログラムと一部合同開催でした

今回のイエティくらぶでは、天人峡・くるみの沢で「森の神様」と呼ばれる樹齢100年の巨木に会いに行きました。夏場は笹薮が深くて簡単に行けるところではありません。ふかふかの雪がたっぷり積もったこの季節ならではのお楽しみです。

子ども用のスノーシューで行ってきます!
枝の先で指しているのは、熊の爪痕!!!
これは鹿の食べ後。木の皮は冬の間の大事な食糧です

森の中でトレッキングや雪遊びを楽しんだあとは、天人峡温泉で温まりました。その後旭岳源水に立ち寄り、くんだ源水を沸かして川を眺めながらホットココアでひと息。まだまだ雪深くはありますが、春の気配もすこ~し感じる1日となりました。