正しい使い方を学び、のこぎりで細い木を切る子どもたち

心地よい森づくりをする活動「森つく」。今回は、イエティくらぶの月例スクールと合同開催。多くの子どもたちが参加してくれいました。その様子を紹介します。今回は、なめこの栽培にチャレンジです。

一輪車を押して山道を上がります
なめこのホダ木用に90cm程度に切ったシララカバを運びます
削り馬という道具を使い、枝先を削っていきます。座って使うユニークな道具!
木のハンマーができたよ
作った木のハンマーなめこの菌床を打ち込んでいきます。おいしいキノコにな~れ!

途中から雨も降りましたが、森からなめこ菌床用の木とハンマー用の木を切り出して運び、自分で木の”MYハンマー”を作製。ホダ木にドリルで穴をあけ、そこに菌床をハンマーで打ち込んで行きました。作業はどんどん進み、活動後、子どもたちはMYハンマーを持ち帰って、みんなうれしそうでした。 収穫が楽しみですね。

次回の森つくは、5月16日(日)に実施予定です。たくさんの方のご参加お待ちしています。