今回のイエティ月例スクールでは、雪下野菜にチャレンジしました。

みんなが持ってきた野菜は、キャベツ、大根、かぼちゃ、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、そしてみかん!! 寝かせるとどんな風になるのかな?

まずは除雪して、埋もれた地面をだします。雪の温度は0°。次に地面の温度を図ると、6度。冷蔵庫くらいの温度でした。この温度を保つため、そこに、籾殻(協力:美瑛のオスピエ市場さん)→ムシロ→自分達がそれぞれ持ってきた野菜→籾殻→ムシロ→土→雪と重ねていきます。

籾殻を触って「あったかーい!」とこどもたち
どこに埋めたかわかるように、ネマガリダケを刺して目印完成

ここを開けるのは、2月末。この野菜がどうなってるのか…。楽しみにしている子どもたちでした。

そのあとは、雪が積もった斜面で今年初の尻滑り遊びして、薪割り、薪ストーブでクマザサでお茶をつくっておにぎり食べ、焼き芋、焼きマシュマロでおやつタイム。楽しい1日となりました。