近自然学とは、自然の原理原則を理解し、自然の力を活用した持続可能な人間社会を構築するための考え方です。例えば、豊かな暮らしのために無理なエネルギーへの再投資ではなく、自然の力を借りた対策をすることです。

今回のセミナーでは、近自然学の理解を深め、『私たちの「まちづくり」や「教育」や「エネルギー利用」に応用できないか?』を皆さんと考えたいと思っています。この利点は何か?そして、課題やリスクを把握し、「私たちのまちづくりに活用できるか?」を考えたいと思っています。

今回は、特に町並みについて話してもらいます。東川の町並みは、何をどのように整えていくと良いのか? 様々な選択肢がある中で、何を優先的に考えるとよいのかのヒントを頂きます。山脇さんには、国内外での様々な事例やシミュレーションを用いて解説してもらいます。山脇さんの話は、わかりやすいし、面白いし、具体的です。この機会に「私たちがすべき次の行動」を考えたいと思っています。

近自然学セミナー案内書PDFはこちら

■日時:2019年9月27日(金)13:30-16:30  

■場所:道草館2階 (北海道上川郡東川町東町1丁目1−15)

■参加費:無料

■申し込み・問い合わせ: 大雪山自然学校 (担当:荒井)
web申込、電話、メールでお申込みください。
TEL:0166-82-6500
email: desk@daisetsu.or.jp 
※事前にお申込みください。席数に限りがあります(40席)。
※事前申し込みが無い場合でも、立ち見であれば当日参加も受け入れます。

■講師 山脇正俊さん http://kinshizen.moo.jp/homepage/profile-jp.html
『近自然学・近自然工学』研究、スイス近自然学研究所 代表
スイス連邦工科大学・チューリッヒ州立総合大学講師:武道
『近自然森づくり研究会』特別顧問、環境・オーディオ コンサルティング

■主催:大雪山自然学校
■共催:スローフードフレンズ北海道、LoCoTAble
■協力:東川町商工会