今年度も国立大雪青少年交流の家を会場に、自然体験活動フォーラムin大雪を開催いたします。
今回は「自然体験活動とソーシャルバリュー」をテーマに、自然体験活動をキーワードとした様々な分科会や、
各分野のゲストを招いた全体会を通じて、自然体験活動の持つ価値について、参加者の皆様と一緒に考えます。

全体会③「自然体験活動のこれから」にて、大雪山自然学校代表荒井はコーディネーターとして運営に携わっています。

「自然体験活動の社会的価値とは何か、どのように高めるか」をディスカッションできる貴重ば3日間となります。

自然体験活動や環境教育、アウトドアを専門とした方はもちろん、
行政、農林漁業、観光業の方、地域おこし協力隊、学生から社会人まで、
幅広い方を対象としていますので、ぜひ気軽にお申し込みください。

「自然体験活動フォーラムin大雪2018」 案内書はこちら

「自然体験活動フォーラムin大雪2018」 お申込フォームはこちら