近年、持続可能な観光が重要視されています。現場で持続可能な観光を実践するためには「何がどういう状態であれば持続可能であると言えるのか?」を理解する必要があります。
そこで今回の研修では、「観光地」および「観光産業(宿泊施設やツアーオペレーター)」を対象にしたGSTC国際認証制度の基準・指標(41項目)を理解し、事例をもとに国連世界観光機関(UNWTO)が推奨する持続可能な観光を包括的に学びます。北海道の観光が世界レベルでも持続可能であると認識してもらえるように活動していきましょう。
修了者には日本エコツーリズムセンターとアジアエコツーリズムネットワーク(AEN)から修了証を授与します。
※GSTC=Global Sustainable Tourism Council;グローバルサステイナブルツーリズム協議会

プログラム要綱PDFはこちら

◆日時:2019年2月18日(月)13時~ 20日(水)16時
◆会場:北海道東川町キトウシ森林公園・大雪山自然学校事務所(東川町西4号北46番地)
◆定員:15名
◆対象:「持続可能な観光」に関心のある方、DMOや観光協会や自治体職員、旅行会社、ガイド等
◆内容:2月18日13:00~18:00 GSTCとは、GSTC-観光地域用
19日 9:00~17:00 GSTC(観光事業者用)
20日 9:00~16:00 フィールドワーク
◆GSTC公式終了証について
希望者は、On Line Testを受けて合格するとGSTSC公式終了証が取得できます。Web上での英語でのテストです。教科書や辞書を利用することができます。時間は無制限です。別途受験料US$75がかかります。当件の詳細は講座にてご説明します。
◆講師:講師 荒井 一洋 氏(NPO法人日本エコツーリズムセンター 理事、北海道アドベンチャートラベル協議会 会長、アジアエコツーリズムネットワーク 理事)
◆参加費:30,000円(交通・宿泊については、各自で手配の上、費用をご負担ください)
◆交流会:1日目の夜は懇親会を開催いたします。費用は参加費に含まれています。2日目の夜は希望者で飲みに出ましょう。ご自身でお支払ください。
◆宿泊 :「キトウシ高原ホテル」が研修会場の隣です。各自でご予約ください。交流会がありますので朝食付きで!
◆昼食 :19日と20日の昼食はこちらで用意します。
◆参加申込〆切:2019年2月8日
◆お問合せ・お申込み:WEBサイトからお申込みください。http://ecocen.jp/sustainable-m/3523
※フォームは、東京と東川の2か所の案内の下にあります。
◆主催:ひがしかわ子ども農村体験交流推進協議会、NPO法人日本エコツーリズムセンター、アジアエコツーリズムネットワーク
協力:北海道アドベンチャートラベル協議会(予定)
◆持ち物
・パソコンまたはタブレット(資料は電子データでお渡しします)
・-10℃の気温の中で快適に過ごせる格好(防寒着上下、防寒靴、帽子、手袋)