北海道では、まだまだ寒い日もありますが平地ではすっかり雪が解け、春の日差しを感じられます。キトウシ森でのんびりお散歩はいかがですか?

情報発信が遅くなってしまいましたが、キトウシ森の動植物の情報をお送りします。

エゾエンゴサク Corydalis fumariifolia ssp. azurea
カタクリ Erythronium japonicum
                                (写真提供:大塚 航平)

今たくさん咲いているエゾエンゴサクは、小葉の形状や花の色が様々で変異の大きい植物ですが、染色体数は産地や小葉の形状に関わらず全て2n=16で同じ(北海道産植物の染色体数 西川 1980)だそうです。ご興味のある方は色々調べてみてはいかがですか?

他にも・・・

ニリンソウ Anemone flaccida
ナニワズ Daphne jezoensis

4月26日にスタッフが記録したものですのでご参考までに。今日は早速、利用者の方に収集したての情報をお届けすることができました。

野鳥たちも繁殖期を迎えており、綺麗なさえずりがキトウシの森に響いています。

ヤマガラ Poecile varius
                                (写真提供:大塚 航平)
マヒワ Carduelis spinus
                                (写真提供:大塚 航平)
ニュウナイスズメ  Passer rutilans
                                (写真提供:大塚 航平)